芸能ニュース RUMOR ルモア

  • TOP
  • ニュース:事件・騒動
  • ASKA被告と捕まった女、無罪確率2割
ASKA被告と捕まった女、無罪確率2割
12:14 [事件・騒動]

ASKA被告と捕まった女、無罪確率2割

 覚せい剤取締法違反(所持と使用)で起訴されたASKA(本名・宮崎重明)被告(56)の知人女性で、同違反で(使用)起訴された栩内(とちない)香澄美被告(37)の初公判が今日22日、東京地裁で開かれる。同被告は「無意識に第三者から覚せい剤を摂取させられた」と無罪を主張するとみられ、東京地検特捜部元副部長の若狭勝弁護士は「無罪の可能性は2割」と解説した。

⇒続きを読む

 栩内被告は5月17日未明、都内の自宅マンションで覚せい剤所持の疑いで逮捕(使用の疑いで再逮捕)された。直前にマンションにいたとされるASKA被告も逮捕された。しかし、マンションからは覚せい剤は見つからず、栩内被告は所持では不起訴に。尿と毛髪からの陽性反応は出ているが、使用についても容疑を否認し続け、法廷でも「覚せい剤は第三者から知らないうちに摂取させられた」と、無罪を主張するとみられる。

 

 覚せい剤の所持、使用を認めているASKA被告も「栩内被告には覚せい剤を使用していない」と供述。その状況を踏まえ、若狭氏は「無罪の確率は2割弱ある」と指摘。(1)常習使用を示す毛髪から陽性反応の証拠を検察が提出できず、証拠として採用されない(2)知らない間に、覚せい剤を摂取したことを具体的に供述できる-がポイントで、それがそろった場合に限り、無罪になる可能性があるとした。

 

 「毛髪から陽性反応が出ているのに否認しているのであれば、長期間にわたって毎回『知らずに摂取していた』ことになる。苦しい弁解です。尿からの陽性反応のみの証拠であれば、1回だけ摂取してしまったということもあり得る」

 

 知らない間に摂取していたことを主張するのであれば、覚せい剤を使用していた人が近くにいた状況や、摂取する可能性があった状況などを説明できなければならない。「相当の説得力がないと難しい。抽象的な供述であれば即有罪」。

 

 否認したまま結果的に有罪となった場合でも量刑は変わらず、懲役1年6月、執行猶予3年が見込まれる。否認し続ける理由については、「最終的に有罪になるとしても、認めて有罪になるより否認しておいた方がいいだろう、と考えている可能性もある」。

 

 第2回公判以降にASKA被告が証人出廷する可能性もあるが、「認めているASKA被告は自分の事件だけで終わりにしたいところでしょう。2人の関係などをあれこれ聞かれるのは苦痛でしょうが、そういう思いをさせても栩内被告は、否認したいということなのでは」と推測した。

 

(日刊スポーツ)

ASKA(あすか)
ASKA
活動 シンガーソングライター 
誕生日 1958年2月24日(59歳)
出身地 福岡県福岡市 日本
性別 男性
星座 うお座
血液型 A型

本名・宮﨑重明(みやざきしげあき)。

ASKAの関連ニュース
一覧表示
コメント 0件
コメントを書く
名前
※25文字まで
コメント
※300文字まで
画像認証
上の画像で表示されている文字を入力してください。

※ご注意※
投稿後、コメント編集・削除は出来ません。
誤字など入力内容に誤りが無いかご確認の上、ご投稿ください。
投稿いただいたコメントは、当サイトにて内容を確認した上で公開となります。
内容によっては公開NGとさせていただく場合もあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


まだコメントはありません。
カテゴリ
話題の人