芸能ニュース RUMOR ルモア

  • TOP
  • ニュース:事件・騒動
  • 「ASKA薬物歴20年」ロック界のレジェンドが手引きか
「ASKA薬物歴20年」ロック界のレジェンドが手引きか
13:41 [事件・騒動]

「ASKA薬物歴20年」ロック界のレジェンドが手引きか

 やはり重度の薬物中毒だった――。覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で起訴された「CHAGE and ASKA」のASKA被告(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)が、警察の取り調べに「20年以上前からMDMAなどを使用していた」と供述していたことがわかった。当初は薬物の使用時期について「2~3年前から」としていたが、大幅に“上方修正”。これは本紙が昨年7月に匿名報道した時から、再三指摘している「ロンドン滞在中に(薬物を)覚えた」との証言とピタリ一致する。  ⇒続きを読む

「彼は重度のヤク中。ヤクザ連中からも『あれ以上やったら死ぬ』と心配されたほど。(使用期間)2~3年というレベルじゃない」(芸能人の薬物事情を知る人物)。こうした話は逮捕前から裏社会でささやかれていた。



 ASKAは当初、警察の調べに「2~3年前から覚醒剤を吸っていた」と話していたが、ここにきて使用時期に関する供述を大幅変更。本紙既報通り、20年以上前の英国滞在中から使用していたことを認めたという。



 デビュー10年目の1989年、チャゲアスは活動休止を発表し、ASKAは単身渡英。その際、ある日本の大物アーティストXがASKAを手引きしたとウワサされている。



「XはASKAより年上で、バンドを率いていたロック界のレジェンド。ASKAより先にロンドンの滞在経験があったことから、弟分のASKAに現地カルチャーの一つして、マリフアナや合成麻薬を教えたそうだ。当時のロンドンでは『よくあること』だったが、これがASKAを“覚醒”させる一つの原因になったことは間違いない」(ASKAを知る関係者)



 ASKAがロンドンに滞在したのは半年ほどだったが「現地に家を購入し、移り住むことまで考えるほど気に入っていた」(同)という。


 帰国したASKAはその後、ヒット曲を量産。91年に「SAY YES」、93年には「YAH YAH YAH」でミリオンセールスを記録した。この2大ヒット曲もクスリの力に頼って生み出されたものなのか…。



 前出の音楽関係者は「ロンドンから帰国してからは、(薬物を)やらない時期もあったそうです。2大ヒット曲が生まれた時は、そこまでおかしいとは感じませんでしたね。むしろ『あれ?』となったのは、ヒット曲が出なくなった90年代後半から。歌詞に『ドラッグ』や『シャブ』を連想させる言葉が目に付くようになって…」と話す。



 とはいえ、一部で指摘されているように90年代前半の曲にも薬物を想起させる歌詞はある。93年3月に発売された「YAH YAH YAH」の両A面シングル「夢の番人」では「運び屋の白い粉袋の秘密で」と歌っているのだ。また、96年4月発売のアルバムに収録された曲「港に潜んだ潜水艇」には「口の中に薬を撃ち込まれた気分さ あちらこちらの 心臓が一斉に騒ぎ出す」との歌詞も。



 ファンにとってせめてもの救いは、大ヒットした曲の中にこうした疑惑の歌詞や表現がないことだが、ファンを裏切った“罪”は重い――。

 

(東スポWeb)

ASKA(あすか)
ASKA
活動 シンガーソングライター 
誕生日 1958年2月24日(59歳)
出身地 福岡県福岡市 日本
性別 男性
星座 うお座
血液型 A型

本名・宮﨑重明(みやざきしげあき)。

ASKAの関連ニュース
一覧表示
コメント 0件
コメントを書く
名前
※25文字まで
コメント
※300文字まで
画像認証
上の画像で表示されている文字を入力してください。

※ご注意※
投稿後、コメント編集・削除は出来ません。
誤字など入力内容に誤りが無いかご確認の上、ご投稿ください。
投稿いただいたコメントは、当サイトにて内容を確認した上で公開となります。
内容によっては公開NGとさせていただく場合もあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


まだコメントはありません。
カテゴリ
話題の人