芸能ニュース RUMOR ルモア

  • TOP
  • ニュース:映画
  • 「アナ雪」興収198億円突破 ハウル、もののけ超え日本歴代4位
「アナ雪」興収198億円突破 ハウル、もののけ超え日本歴代4位
16:09 [映画]

ディズニー映画『アナと雪の女王』の興行収入が198億円を突破、『ハウルの動く城』『もののけ姫』の2作品を抜き、日本歴代興収4位に浮上したことが明らかになりました。過去に200億円を記録したのは『千と千尋の神隠し』『タイタニック』『ハリー・ポッターと賢者の石』の3作品のみですが、『ハリー・ポッターと賢者の石』超えは確実視されているということです。

 

「アナ雪」興収198億円突破 ハウル、もののけ超え日本歴代4位

以下引用

 

 大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王」の興行収入が198億円を突破。「ハウルの動く城」(196億円)「もののけ姫」(193億円)のジブリ2作品を抜き、日本歴代興収4位に浮上した。26日、配給元が発表した。早ければ、今週にも200億円の大台突破する。



 公開11週目も圧倒的な支持。週末24、25日の動員は51万7926人、興収は7億33万9600円。週末興行成績ランキング1位を獲得した。



 25日付の累計動員は1558万8545人、興収は198億円4439万5900円を記録。2004年11月公開「ハウルの動く城」の持つ興収記録を9年ぶりに塗り替え、日本歴代4位にランクアップした。



 過去に200億円を記録したのは「千と千尋の神隠し」「タイタニック」「ハリー・ポッターと賢者の石」の3作品のみ。「ハリー・ポッターと賢者の石」(203億円)超えは確実視され、名実ともに歴史に残る作品の仲間入りを果たす。



 また、日本の大ヒットにより全世界興収は12億1927万4000ドルを突破。「アイアンマン3」(12億1543万9994ドル)を抜き、歴代5位となる偉業を達成した。



 【日本歴代興行収入記録】(5月26日、興行通信社調べ)(年月日は公開日)



1位「千と千尋の神隠し」=304億円(2001年7月20日)
2位「タイタニック」=262億円(1997年12月20日)
3位「ハリー・ポッターと賢者の石」=203億円(2001年12月1日)
4位「アナと雪の女王」=198億円(2014年3月14日)
5位「ハウルの動く城」=196億円(2004年11月20日)
6位「もののけ姫」=193億円(1997年7月12日)
7位「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」=173・5億円(2003年7月19日)
8位「ハリー・ポッターと秘密の部屋」=173億円(2002年11月23日)
9位「アバター」=156億円(2009年12月23日)
10位「崖の上のポニョ」=155億円(2008年7月19日)

 

引用元:スポニチアネックス

 

 

ネット上のコメント

 

「歌ばかりが話題になって映画本編の出来はどうなの?感動したとか面白かったとか聞こえてこないのだけど」

 

「歌の効果が絶大だったように思える。内容は、よかったけれどそれだけではここまでこなかった」

 

「たぶん、原題フローズンのままだったら、ここまでヒットしてなかったはず。 配給担当の勝利」

 

「良作とは思うが、名作レベルの作品かと聞かれたらどうだろう」

 

 

 

『アナと雪の女王』は、アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の美しい姉妹エルサとアナが凍った世界を救う「真実の愛」を描いたミュージカル・アニメーション。アカデミー賞では「長編アニメーション賞」「主題歌賞」をダブル受賞し、日本でも公開から2ヶ月で興行収入170億円を突破しています。

特に、社会現象とも言える盛り上がりを見せているのが主題歌「Let It Go」。サウンドトラックは歴代アニメ映画のサントラ売上げ1位を記録し、一部劇場では「Let It Go」を一緒に歌える歌詞字幕付きバージョンも上映されました。歌詞の日本語訳のクオリティ、吹替え版の声優を務めた松たか子さん・神田沙也加さんの歌唱力も高く評価されました。

原題の『Frozen』から『アナと雪の女王』としたことや、独自のプロモーションを行ったことも日本で大ヒットをする理由になったようです。

まだまだ『アナ雪』旋風はおさまりそうにありません。

 

関連人物・グループ
松たか子  神田沙也加 
関連ニュース
コメント 0件
コメントを書く
名前
※25文字まで
コメント
※300文字まで
画像認証
上の画像で表示されている文字を入力してください。

※ご注意※
投稿後、コメント編集・削除は出来ません。
誤字など入力内容に誤りが無いかご確認の上、ご投稿ください。
投稿いただいたコメントは、当サイトにて内容を確認した上で公開となります。
内容によっては公開NGとさせていただく場合もあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


まだコメントはありません。
カテゴリ
話題の人