芸能ニュース RUMOR ルモア

  • TOP
  • ニュース:事件・騒動
  • 【ASKA保釈】「完全なシャブ目」ASKA被告 長い治療必要
【ASKA保釈】「完全なシャブ目」ASKA被告 長い治療必要
10:14 [事件・騒動]

【ASKA保釈】「完全なシャブ目」ASKA被告 長い治療必要

 覚せい剤取締法違反(所持と使用)などの罪で起訴され、3日に保釈されたCHAGE and ASKAのASKA(本名宮崎重明)被告(56)の再起について、専門家は厳しい見方を示した。少年少女の非行問題に取り組む「夜回り先生」として知られ、薬物問題に詳しい元高校教師の水谷修氏(58)は、ASKA被告の目を「まだ完全なシャブ目」と指摘し、長い治療を受ける必要があるとした。

⇒続きを読む

 水谷氏はテレビで保釈されたASKA被告の表情を確認し、ズバリと指摘した。「目だけがすわっている。覚せい剤使用者の独特の、切れ込んだ目です。入院治療を受けるのは正解。薬物依存は数週間で抜けるようなものではない」。

 

 逮捕から48日目。この時期の状態については、「精神的にはボロボロだろうが、急速な離脱症状は終わって安定している時期ではある」と解説。一方で「3の倍数の時期は危険といわれる。(薬物を断って)3カ月、9カ月、3年。フラッシュバックや禁断症状に悩まされる」と警告した。

 

 ASKA被告は、保釈後に発表した書面に「裁判まで医師の指導を受ける」と明記した。水谷氏は「病院に行くのは正解。どれだけ入院していられるかがかぎになる。裁判所へも病院から向かったのかを注目したい。もし、1~2週間で病院を出て家に帰るなんてことになっていたら、アウトだね」と再使用の危険性を語った。

 

 今後は、病院や、ダルクなどの薬物依存者回復支援施設、同じ依存症と闘う仲間と連携、連絡を取ることが大事だという。「危ないのは、自分でやめられるとか、家族がやめさせると言って、自分たちで薬物依存から抜けようとすること。愛や意思で薬物をやめられるなら、こんなに乱用は広がらない」。

 

 その上で「薬物依存から回復するには、使用期間の3倍の時間が必要」とした。ASKA被告は、覚せい剤使用を始めた時期を「2~3年前から」と供述しているが、一般的に「取り調べでは自供しても、実際の使用期間の半分で供述するケースが多い」という法曹関係者の声もある。さらにいえば、ASKA被告は、覚せい剤使用前に別の薬物に依存していたという情報もある。その状況も踏まえ、水谷氏は「働けないというわけではない。午前中リハビリ施設に来て、午後から歌を歌う、作曲活動をするということもできる。『今日1日薬を断つ』これを毎日毎日続けていくことです」と、更生への道を説いた。

 

 ◆水谷修(みずたに・おさむ)1956年(昭31)5月8日、横浜市生まれ。上智大文学部哲学科卒業。横浜市で高校教師になり、深夜の繁華街をパトロールする「夜回り」を通し、若者たちと触れ合う。非行防止、薬物汚染の拡大予防の活動を続ける。著書「夜回り先生」は、04年にTBS系でドラマ化された。

 

 ◆保釈条件 住所は「釈放指揮書」に書かれており、自宅、病院など、明らかになっていれば良い。身元引受人が誰になるかで、住所が決まる場合も多い。また、共犯者とされる人物との接見は禁止される。一緒に逮捕された知人の栩内香澄美被告は勾留が続いているが、もし保釈されても会うことはできない。海外旅行や3泊以上住居を空ける時は、裁判所の許可が必要になる。

 

(日刊スポーツ)

ASKA(あすか)
ASKA
活動 シンガーソングライター 
誕生日 1958年2月24日(61歳)
出身地 福岡県福岡市 日本
性別 男性
星座 うお座
血液型 A型

本名・宮﨑重明(みやざきしげあき)。

ASKAの関連ニュース
一覧表示
コメント 0件
コメントを書く
名前
※25文字まで
コメント
※300文字まで
画像認証
上の画像で表示されている文字を入力してください。

※ご注意※
投稿後、コメント編集・削除は出来ません。
誤字など入力内容に誤りが無いかご確認の上、ご投稿ください。
投稿いただいたコメントは、当サイトにて内容を確認した上で公開となります。
内容によっては公開NGとさせていただく場合もあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


まだコメントはありません。
カテゴリ
話題の人