芸能ニュース RUMOR ルモア

  • TOP
  • ニュース:エンタメ総合
  • 劇場オープン加速させる 吉本興業“地方戦略”の狙いと公算
劇場オープン加速させる 吉本興業“地方戦略”の狙いと公算
11:59 [エンタメ総合]

劇場オープン加速させる 吉本興業“地方戦略”の狙いと公算

 7日、静岡県で初のよしもと常設劇場「沼津ラクーンよしもと劇場」がオープンした。会見に登場した「トータルテンボス」は静岡県御殿場市出身。大村が「治安の悪い沼津を笑いで良くしたい。沼津には、サドルのある自転車はない」と言うと、「中川家」の礼二が「大阪でいうところの、通天閣あたりってことやな」とかぶせ、笑いを誘っていた。同じ日、埼玉県初のよしもと常設劇場となる「大宮ラクーンよしもと劇場」もオープン。同劇場で発表会見が開かれ、MCの「ピース」綾部が「中学を卒業した春に好きな女の子に告白して初めてデートしたのが大宮公園だった」と地元エピソードを披露した。

⇒続きを読む

 昨年12月の「よしもと幕張イオンモール劇場」に続く2劇場のオープンと、地方進出がめざましい吉本。もっとも一部では「幕張の劇場は、平日はガラガラ。出演者が知名度のない芸人中心だから仕方ないだろうけど……。逆に休日はほぼ満席。土日だけオープンすればいいのに」(芸能関係者)とも言われているだけに、地方劇場の増設には懸念の声もある。しかし、そこには吉本らしい計算と思惑があるんだとか。

 

「幕張は『イオン』がテナント代を負担しているため、芸人のギャラと入場料のバランスさえ取れていれば大赤字にはならない。たとえ平日はガラガラでも、出演するのが若手芸人ならばギャラも安く済む。今回の大宮と沼津はパチンコチェーンを経営する『浜友商事』と吉本の共同運営。地域活性化を見込む代わりに浜友商事が家賃などを負担することで、吉本の出費を軽減。交通費を浮かすために地元在住の“住みます芸人”を中心にイベントを開催する予定です」(吉本興業関係者)



■47都道府県で劇場開設を目指す

 東京や大阪で活動する売れっ子芸人にとっては“地方遠征”が増えることになり、肉体的にも精神的にも厳しくなりそうだが、まだこれからの若手芸人にとってはありがたい話なんだそう。大宮の会見に登場した「NON STYLE」石田が「他事務所の芸人から劇場の多さを羨ましがられる。食いっぱぐれがないですからね」とニンマリすれば、「天狗」横山は「僕らの食いぶちでございます」と話していた。

 

「毎年、NSC(吉本興業養成所)から約1000人の卒業生が出る。その中でテレビで活躍できるのはほんの一握り。これ以上テレビ市場は大きくならないので、芸人が食っていくには劇場を増やしていくしかない。活躍の場がないと、芸人の目標や夢がなくなってしまう。当面の目標は47都道府県に劇場をつくること。それができたら海外進出も視野に入れています」(前出の関係者)



 一見、無謀に思えるが、きっちりとそろばんずくの劇場開設。アメリカで強力なスポンサーを見つければ、ニューヨークのド真ん中によしもと劇場が立つ日が来るかもしれない。

 

(日刊ゲンダイ)

 

関連人物・グループ
近藤春菜  箕輪はるか  井上裕介  石田明  ハリセンボン  NON STYLE 
関連ニュース
コメント 0件
コメントを書く
名前
※25文字まで
コメント
※300文字まで
画像認証
上の画像で表示されている文字を入力してください。

※ご注意※
投稿後、コメント編集・削除は出来ません。
誤字など入力内容に誤りが無いかご確認の上、ご投稿ください。
投稿いただいたコメントは、当サイトにて内容を確認した上で公開となります。
内容によっては公開NGとさせていただく場合もあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


まだコメントはありません。
カテゴリ
話題の人