芸能ニュース RUMOR ルモア

  • TOP
  • ニュース:海外
  • こけた頬、くぼんだ目…アンジーの薬物使用疑惑動画が流出!
こけた頬、くぼんだ目…アンジーの薬物使用疑惑動画が流出!
19:10 [海外]

こけた頬、くぼんだ目…アンジーの薬物使用疑惑動画が流出!

 「死んでも不思議ではなかった」と自ら振り返るくらい、「ダークで危険な過去」を持っている女優アンジェリーナ・ジョリー。そんな彼女が、ドラッグでハイになりながら電話で話している過去の動画が流出した。90年代後半に撮られたもので、撮影したのは、彼女にコカインやヘロインを売っていた売人だった。

⇒続きを読む

動画はこちら

 アカデミー俳優のジョン・ヴォイトと女優ミシェリーヌ・ベルトランのもとに生まれ、3歳の頃に両親が離婚したことに深く傷つき、一風変わった子へと育っていったアンジェリーナ。14歳で交際相手との同棲を始めてナイフを突きつけながらのSMセックスにはまったり、レズビアンセックスを楽しんでいた時期があったり、自傷行為をしていた頃があったり、最初の夫ジョニー・リー・ミラーと結婚した時は自分の血で彼の名を書いたシャツを着たり、2度目の夫ビリー・ボブ・ソーントンと結婚した時はお互いの血を入れたカプセル・ネックレスを身につけたり、“超過激なセレブ”として知名度を上げていった。女優として注目されるようになった作品も、薬物に溺れ若くしてエイズで亡くなった実在のスーパーモデルを描いた『ジーア/悲劇のスーパーモデル』(1998)で、当たり役だと話題になった。

 

 しかし、2001年に人気ゲームの実写版映画『トゥームレイダー』に主演し、役づくりのためのトレーニングを行うため、大量に摂取していたタバコやアルコールをきっぱりと断って食生活を改善し、規則正しい生活を送るように。撮影で訪れたカンボジアでは「世界は広い」と人生観が180度変わり、彼女の人生における大きな転機となった。その後、彼女は最初の養子マドックスをカンボジアから迎え、ビリーと離婚。『Mr.&Mrs.スミス』(05)で共演したブラッド・ピットを、妻だったジェニファー・アニストンから略奪し、ブラッドと共にもう2人養子を迎え、実子も3人出産。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使として積極的に活動するようになり、今ではハリウッドだけでなくアメリカを代表する慈善家として、世界中で崇められている。

 

 アンジェリーナは暗い過去を隠すことなく、08年には自傷するなど自暴自棄だった10代の日々をあえて告白。「でも、私は乗り越えられた。あの頃の私と同じような子たちの励みになればと思う」「悩んでいる子たちに『大丈夫よ』というメッセージを送りたい」と力強く語った。

 

 しかし、10年7月。入念な取材をもとにセレブの非公認伝記書を執筆し、評価を得ているアンドリュー・モートンが衝撃的すぎるアンジェリーナの暴露本『Angelina: An Unauthorized Biography』を発売し、世間は大きな衝撃を受けた。「浮気や不倫を繰り返していた父そっくりな顔のため、母は無意識のうちに彼女を避けるようになり、そのことに傷ついたアンジェリーナは、自傷を始め、コカインやヘロインに手を出すようになった」「自殺願望が強く、ヒットマンに自分を殺してほしいと頼んだこともある」「10代の頃にミック・ジャガーと体の関係を持った」「相手に彼女や妻がいようと気にせずに性的関係を持つ」などの内容で、彼女が流出することを恐れていたというSM写真もデカデカと掲載したからである。

 

 その3カ月後、ニューヨークでドラッグを売りさばいていたフランクリン・マイヤーという売人が、アンジェリーナが上客だったと暴露。人気タブロイド紙「Life & Style Weekly」の独占取材に応じ、「アンジェリーナと初めて会ったのは97年2月。男友達と一緒にドラッグを買いに来たんだ」「当時21歳だった彼女は、たちまち薬物に依存するようになり、常連客になった。1回につき、だいたい100ドル(約1万円)買ってたね。コカイン0.5グラムとヘロイン10グラムってとこかな」「オレの目の前でも平気でコカインやヘロインを鼻からすすり上げてたね。別に誰がいようと気にならないって感じだったな」と赤裸々に明かした。

 

 フランクリンは、「アンジェリーナが持つマンションに運んだこともあるよ。気味悪い部屋だったね。壁中に死体の写真がベタベタと貼ってあって、殺人現場の写真とかがさ」と言い、自傷癖があったことを告白しているアンジェリーナに薄気味悪い趣味があったことも暴露。「でも、一番衝撃を受けたのは、ドラッグをやりながら“養子が欲しいのよ”って言っていたことかな」と明かした。

 

 ほかにも、アンジェリーナはコカインを吸引した直後に、トーク番組『Charlie Rose』に出演したとも暴露。彼女は、映画『17歳のカルテ』(99)のプロモーションのため同番組に出演し、その時の様子は「YouTube」にも掲載されているのだが、パチパチとまばたきしっぱなしで、落ち着きがない。また、早口で話しており、ドラッグでハイになっていると思えなくもない。

 

 立て続けに暴露されたことについて、アンジェリーナはすぐには反応しなかった。ほとぼりが冷めた、11年11月にドキュメンタリー番組『60 Minutes』に登場。「とてもヘビーで闇の中をさまようような時期を過ごしてきた。でも、生き残ったの」「若くして死ななかったのは、とても運がよかったから」と激白し、何をしてきたのか詳細を語ることは拒否したが、「今もバッドガールのままよ。でも、その過激な部分は全てブラッドが受け止めてくれてるの」と発言。過去を否定しない姿勢を見せた彼女は評価され、暴露された黒い過去を、見事にカバーしたと話題になった。

 

 過去を乗り越え、新作映画『マレフィセント』も高い評価を得ているが、ここにきて、また彼女の暗い過去に関する報道が流れ出した。しかも、今回は人々に強いインパクトを与える動画が流出したのである。

 

 事の始まりは、今月に入り米大手タブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」が特集記事として掲載した、薬物売人フランクリンの独占インタビュー。現在68歳になるフランクリンは、「コカインやヘロインを彼女に届けた時、突然セックスについて話しだしてね。(当時、アンジェリーナと交際していた)ビリーが『オレのイチモツはスゲェちっちゃいんだ。セックスなんて蚊に刺されるようなもんだぜ』って言ってたけど、実際に寝てみたら馬のペニスのように立派でびっくりしたってさ」「ビリーと最初のセックスについても詳しく話してくれたけどね。今でもきっと彼とのセックスを思い出すんじゃないかな」とベラベラ明かし、「ある日、ヤクを届けた時、偶然ビデオカメラを持っててさ。ドラッグをキメた後のアンジェリーナを撮影したんだ。彼女は全然気にしてなかったね」と新ネタがあることを告白。同紙は、目をカッと見開きハイになっているアンジェリーナが、「コカインにヘロイン、エクスタシーにLSD、全部やったわ。もうずっと昔にやめたけど」と言っている動画を確認したと伝えた。

 

 そして8日、「ナショナル・エンクワイアラー」と同じ親会社を持つ、米ゴシップ芸能サイト「RadarOnline」が、フランクリンが「ナショナル・エンクワイアラー」に持ち込んだ動画の一部を公開。00年前後に、アンジェリーナのニューヨークのマンションで撮影されたという動画は、約17分と長いもので、彼女が父のジョンと電話で話している様子を映したものだという。

 

 動画の中のアンジェリーナは体にフィットした黒いワンピース姿で、体の線はとても細く、アップになると肩や肩甲骨、二の腕の骨や筋が浮き上がっている。髪は無造作にアップにしており、恐らくスッピン。パッと見、今とあまり変わらないのだが、顔つきはまったく異なっている。不健康に頬がこけ、目がくぼんで、濃いクマができており、薬物依存症に見えなくもないのだ。

 

 アンジェリーナは撮影されていることを気にすることなく、部屋を行ったり来たりしながら、「だから、私がみんなのために家か部屋を用意するってこと」「じゃないと、必要じゃないのよね。だから、家が…… 一度言ったように、うん、もし私が働くのをやめたら? 『リラックスしたら』って言うのよ、彼女が。でも、だから、もしアナタのために働かなかったらって。もし、そこまで稼げなかったら? 私が稼ぐまでアパートに居てもらって。そしたら大きな家が手に入るって。私に何かあったらどうするの?」とプライベートな話をしていて、話の全体像はつかめない。

 

 「私たちのこの関係をダメにしたくないのよ。こういうふうになりたくないの。わかるでしょ。一緒に外に出て何かをしたり、夕食を食べたり、ショッピングとか、だから、彼女が会いに来たり、彼女自身が何も買わないなんて」「私が彼女に言ったのは……なにかを思い出さなければならないって、アナタの家に行ったら話し合いましょう。わかるでしょ。みんな一緒って考えなのよ。家や車を買うのはすごく大変なのよ……新しい服に穴が開いてるのに……」とも言っており、どうやら金銭的なことを気にしている様子が見て取れる。

 

 その後、声がくぐもったり早口になったり、何を言っているのか聞きとりづらくなる。そして、電話を切った後、アンジェリーナがカメラに向かって笑い、撮影しているフランクリンが「もっとオレのことを信用してくれていいんだぜ」と言い、動画は終了する。

 

 フランクリンは、信用しろと言いながらも動画を流出させたわけだが、恐らく金が必要になり売り込んだものと思われる。同サイトは、「アンジェリーナのドラッグにまみれた、過激すぎる過去!」と大々的に報じており、「なんてことない動画だけど、確かに、コカインでハイになってるようだ」というコメントも書き込まれている。しかし「本人もドラッグを使用していたことは認めているのだから、もうこういう報道はやめてほしい」「立ち直って、慈善家として活動しているのだから、いいじゃないか」「子どもたちもいるのだから、もうこの手のショックな報道はやめたら」といった声が殺到。アンジェリーナを擁護する意見が圧倒的に多い。

 

 今年4月、タブロイド紙「Star」が、「アンジェリーナは、実はとんでもない偽善者。イメージ作りのために行動している」「ブラッドも彼女と同じくらいの偽善者。子どもたちがかわいそうだ」という消息筋の話を報道。「またか」という声が多く上がった。世間は彼女の味方だが、売人だった前科持ちのフランクリンが、ほかにも彼女の動画や画像を持っている可能性は高い。聖母として崇められているアンジェリーナだが、これからも「暗く過激な過去」と「偽善者」報道やゴシップから逃れることはできないのかもしれない。

 

(サイゾーウーマン)

アンジェリーナ・ジョリー(アンジェリーナ・ジョリー)
アンジェリーナ・ジョリー
活動  
誕生日 1975年6月4日(43歳)
出身地  アメリカ合衆国
性別 女性
星座 ふたご座

父はスロバキアおよびドイツ系アメリカ人俳優のジョン・ヴォイトで母はフランス系カナダ人とイロコイ族(ワイアンドット族(英語版)の血をひく女優のミシェリーヌ・ベルトラン。

アンジェリーナ・ジョリーの関連ニュース
コメント 0件
コメントを書く
名前
※25文字まで
コメント
※300文字まで
画像認証
上の画像で表示されている文字を入力してください。

※ご注意※
投稿後、コメント編集・削除は出来ません。
誤字など入力内容に誤りが無いかご確認の上、ご投稿ください。
投稿いただいたコメントは、当サイトにて内容を確認した上で公開となります。
内容によっては公開NGとさせていただく場合もあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


まだコメントはありません。
カテゴリ
話題の人